女性を欲情させる媚薬の作り方

媚薬というと、惚れ薬、興奮剤、催淫剤などの言葉が思い浮かびます。

男性にとっては憧れの薬ですが、巷に流通している媚薬というと本当に効果があるのか眉唾ものです。

ですが、自宅で女性を欲情させる(その気にさせる)媚薬の作り方があります。
効果のほどは定かではありませんが、一定の効果があると言われています。

ED治療薬(タダシップ)も広義では媚薬?

タダシップも媚薬の一つ

媚薬というと、性的興奮を高める目的で利用されるお薬(惚れ薬)

服用する(される)事で異性への興味が高まる効果が得られます。ただし、多くが医学的に臨床試験が行われている訳ではなく、多くはプラシボー効果(偽薬ですが、効果があると思い込む事で効果が出る事)だともいわれています。

この中でもタダシップ・シアリスジェネリックのようなED治療薬は媚薬の広義の意味としては効果がある物として医薬メーカから製造・販売されています。
実際に女性向けの商品も発売されています。

ED治療と媚薬ならチェック

媚薬効果がある厳選5の食材・成分

媚薬の歴史は古く、食によって異性の気を惹くことができると信じてきた。この起源は古代ヨーロッパから始まります。
当時、素材としては「鳩の心臓」「ツバメの子宮」「ウサギの腎臓」といった気味が悪いですが様々な媚薬の処方箋が生まれることになりました。

科学的な知見に基づくものもあれば、迷信染みたものもあり、なんとか意中の相手をものにするために、研究してきたのかと思います。

一般的に言われている催淫効果があると言われている食材になりますが、入手しやすいものを厳選してみました

ここではいざというときの為の5種類の食材・成分をご紹介しよう。

1.カフェイン

交感神経を刺激するカフェインの入った飲料としてコーヒーが一般的。
1990年の研究によれば、60歳以上の744名の被験者にコーヒーを飲ませたところ、性行為の回数が増えたそうだ。
この試験より、カフェインが何らかの性的興奮を引き起こしていることを強く示唆している。

 カフェインと性衝動との直接的な関連はまだ明らかにされていないが、中枢神経系を活性化させるものは身体にも刺激を与えるという説については、医療専門家から支持されている。
精力や記憶力を増強すると言われる朝鮮人参が、強力な媚薬であると考えれらているのもこうした理由によるだろう。朝鮮人参は中枢神経系や生殖腺、内分泌系を刺激し、興奮を引き起こす。中国では、性機能の低下も含む、万病に効くとして重宝されてきた。

2. ヨヒンビン(yohibin)

タダシップのようなED治療薬が登場する以前は、ヨヒビンの皮で煎れたお茶などを、ED治療薬や媚薬として利用されていました。

ヨヒビンの成分は血管の収縮作用を阻害し、性器への血流を増加し、勃起を促す等、効能はED治療薬と同じものです
副作用までもにておおり、ヨヒビンはFDA(米国食品医薬品局)がらも認可を得られている。

3. 生牡蠣

海のミルクと言われる牡蠣は、栄養が豊富なため、精力をあげる食材としても有名ですよね。
牡蠣に含まれるアミノ酸には、性欲を高めるホルモンの分泌を促す働きがあることを、アメリカとイタリアの共同研究チームが2005年に発表しています。
亜鉛を豊富に含むことだろう。これは男性にとっても、女性にとっても興奮を高める効果がある、テストステロンの分泌に不可欠な栄養素だ。

4.チョコレート

チョコレートに含まれるフェネチルアミン(PEA)と呼ばれる化合物が脳内でアンフェタミン(覚醒剤の一種)のように作用すると、ノルアドレナリンとドーパミンのホルモンの分泌を促し、陶酔感を引き起こすというのだ。

チョコレートを食べるとエッチの最中に体内で分泌されるのと同じ化学物質が生成され、エッチな気持ちが高まるともわかっています。

5.スイカ

スイカには「リコピン」や「シトルリン」といった植物由来の成分が含まれています。

過去に米テキサスA&M大学の野菜果物改良研究所が発表していたように、スイカは体内の硝酸(しょうさん)量を増加すると、血管を緩ませる働きがあるなど、効能がタダシップようなED治療薬と同じと言われております。

「シトルリンは体内に入ると血流を刺激し一酸化窒素を増産する働きがある。一酸化窒素は、血流を促しペニスの海綿体に十分な血液を送る。また、シトルリンの摂取が、精液の80%を占めるアミノ酸の一種である“アルギニン”の生成にもつながるため、精子の量や質にもプラスの影響を及ぼす」

ED治療と媚薬ならチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です