ジェネリックのタダシップなら安心

タダシップのED治療

タダシップは主成分は「タダラフィル」のシアリスのジェネリックです。
安価なジェネリックは病院では処方できませんので個人輸入での通販購入が必要です。
*近年では国内ジェネリックの取り扱いクリニックも増加してきましたが、海外通販ジェネリックより高価です。
タダシップは医療メーカトップ3に入るインドのシプラ社製ですので実績も安全性も安心ですね。

タダシップ(主成分タダラフィル)は前立腺肥大症・癌の治療にも用いられます。
EDにばかり焦点が当てられてますが、前立腺肥大症にも効果があります。
・タダラフィル(タダシップ)は、前立腺肥大症の治療薬として2014年(日本)で製造販売されました。
 前立腺肥大症は前立腺の病気の中でもっとも多く発生する病気です。
 悪性の場合は「癌(がん)」となり、良性の場合は前立腺の肥大化に伴い尿道を圧迫するために排尿障害となります。
 タダラフィルの服用で尿道の下部尿路組織における血流及び酸素供給が増加し前立腺肥大化が緩和される働きがあります。
 タダシップの主成分タダラフィルは前立腺肥大化の治療以外の副作用として勃起不全の治療効果があるのです。
 これらを副作用というのか本作用というのか分かりませんが男性への効果としては一石二鳥です。
 1.男性への発症率の高い、前立腺の肥大化を予防及び治療
 2.男性の永遠の悩みを解消する勃起不全治療効果
また、似たような副次的な効果が主効果として愛用されているのに、薄毛治療薬があります。
抜け毛防止効果がある「フィナステリド」もご存知の方が多いのではないでしょうか。
同様に前立腺肥大症・癌の治療薬として選択されるフィナステリドですが、これも副作用(主作用)として薄毛治療としても使われています。
前立腺肥大症、薄毛(AGA:男性型脱毛症)、ED(勃起不全)は中高年男性に好発する疾患です。
ジェネリックでしたら前立腺肥大症と共にAGA、ED治療を一緒に行えますね。
 1.前立腺肥大症と薄毛治療ならばフィナステリド(他にはディタステリド)
 2.前立腺肥大症とED治療ならばタダラフィル(タダシップ)です。

タダシップはどんなED治療薬か

タダシップはタダラフィル配合でジェネリック価格

タダシップとは、
・ED治療薬人気No.1の「シアリス」のジェネリック薬品
*シアリスと同じタダラフィル(Tadalafil)が主成分で効果保証、ジェネリック価格。
・タダラフィルは最新のED治療薬成分(2007年から発売開始)
・海外からの通販のみ購入可能。
タダシップの効果とメカニズム
・主成分タダラフィルは勃起不全(ED)の原因を抑制します。
 勃起不全には男性器の勃起を抑制する原因物質が分泌されやすくなります。それを抑える事で勃起不全が解消されることが証明されています。
 *通販購入でも効果に違いはありません。医薬品で処方される同成分。
・男性器への血流も促す働きがある。
*効果効能がはっきりしないサプリや健康食品等とは異なります。
サプリメントや健康食品のタダシップの違い
サプリメントや健康食品等はカテゴリーとして医薬成分は含まれていません。
医薬品以外には、ある症状の「治療効果」はありません。
タダシップは通販購入ができますが一般の医薬品と同じです。
*国内医薬品は薬事法の関係上、処方箋が必要ですが海外医薬品を通販購入であれば、その制限は受けません。
医薬品の特徴
タダシップ等のジェネリックを含む医薬品には以下を経て、製造・(通販)販売されている ・効果がある事を保証(政府機関が承認)
・その反面、副作用等の発生の可能性があり
・臨床試験(動物、人体試験)を経て安全性を確保されています
重要な点は、タダシップは勃起不全の治療効果があります。

タダシップの成分詳細は三越屋から!

この勃起不全を原因の酵素は「PDE5」と呼ばれております。本来は悪役では無く生理現象の一つです。
「PDE5」も本来、必要な酵素なのですが、勃起不全の原因となっております。
タダシップ等のシアリスジェネリックはED(勃起不全)とならない調整をしてくれる効果は同じです。

通常、男性器の勃起は「cGMP」という酵素により勃起を促しいます。ですが、ED症状の方は「PDE5」という物質が「cGMP」の働きを抑制してしまいます。
つまり、ED(勃起不全)の原因として「PDE5」が影響します。。
本来、この「PDE5」は性行為の終了で自然と分泌される必要な酵素なのです。
もし、いつまでも勃起した状態ですと男性器が鬱血(うっけつ)し損傷してしまう可能性があります。
ですので、自己防衛本能の生理現象の一つとしてPDE5が分泌され、勃起を終了させる働きとなります。
ですが、ED症状があると分泌タイミングや分泌量が問題となり、性行為が完了していないの「cGMP」の働きを弱め勃起不全を引き起こします。
タダシップのようなシアリスジェネリックの主成分「タダラフィル」の働きは、
1.「PDE5」の働きを弱める。
2.男性器への血流を促進する。

タダシップも通販で購入可能ですが、効果効能に違いは同じです。

cGMPがPDE5活動を抑制しEDが発症






タダシップの副作用はシアリスと同じ

タダシップのようなED治療薬は勃起させない物質の分泌を抑制します。
男性器が正常な勃起を得られるような効果がある反面、副作用が多少なりとも起きる可能性があります。
男性器への血流を促す作用は血管の拡張があるので、低血圧などで頭痛を感じたりもします。
タダシップでの服用の起きる確率は「1~2割」程度で、他と比較しても低い統計結果です。
副作用も殆ど気にならない程度ですので、摂取量や用法を守れば副作用を感じたとしても数時間で収まります。

どんなお薬でも副作用を表記されているように、タダシップでも以下のような副作用があるとされています。
通販購入だからといって効果効能、副作用への違いは起きません。
多くの場合は気にならない程度ですが、以下のような症状が起こるようです
《一般的な副作用》
1.頭痛 2.消化不良
3.動悸
4.鼻づまり
5.倦怠感
6.筋肉痛
飲酒により顔が赤くなりやすい人は、タダシップ服用でも同様に「顔のほてり」「赤ら顔」になる傾向があります。
また、頭痛も発生しやすい傾向なようです。
《一般的な服用方法》
タダシップは特に食事の影響などを受けにく特徴で、服用時の飲料なども制限が少ないお薬です。

ですが、注意点としては2点です。
1.牛乳などの乳製品との服用は、タダシップの効果が半減します。
   *理由は胃に膜を作り吸収をしにくくします。
2.柑橘系のジュースと一緒に服用しない。
   *理由はグレープフルーツなどの皮にはタダリスの副作用を強くする成分が含まれている為。

タダシップの服用方法としては食事制限がないとされていますが、
「食事の影響は受けない」と言われていますが、油分が多い食事の「取り過ぎ」は効果の半減の可能性があります。
心臓、脳、肝臓、網膜等と何か病気をお持ちや投薬中の方は、掛かりつけの医師にご相談をしてからタダシップを選択してください。

タダシップの粗悪な偽造品は怖い

ご安心して頂きたいですが危険で粗悪な偽造品、模造品が流行していたのは過去の話です。
少なくとも個人輸入代行を経由すれば大丈夫です。
以前は、先発薬のシアリスは販売価格が比較的に高い事からも偽物が流通した時期でした。

1998年に世界初のED治療薬(バイアグラ)が発売されました。
当時はネット(情報)も普及しておらず何が本物かの判断がつかず、消費者だけでなく、販売業者も偽物をつかまされていました。

以前、シアリスの背景
1.2007年より日本で発売開始(タダシップの先発薬シアリス)
  *当初は日本の税関も個人輸入代行も当初は偽造品や粗悪品の見極めが良くできなかった。
2.海外は日本と比べ医薬品の取扱いに緩い場合がある
  *薬効成分が配合されたダイエット薬や漢方系の製品で問題が発生していた。
3.偽造品や粗悪品の通販サイトが運営ができる時代であった。
   ・Google検索においてもお金と時間をかえれば高い検索順位にECサイトが表示される事が可能だった。
   ・現在は違法通販サイト等はネットから排除されるようになっている。
     *違法通販サイトは団体・組織からサイト閉鎖に追い込まれる。
タダシップのようにシアリスのジェネリックが複数メーカから発売され価格競争下の中で偽物は市場から締め出された状態です。
日本の厚労省のホームページを見ても分かると思いますが、日本で近年においてED治療薬の偽物の摘発は発生していません。
それよりも危険成分を使ったダイエット薬や医薬成分が含まれたサプリメント等の摘発が増えているようです。
以下は何かと衛生面等を含め「飲んだら死ぬ」と掲載された有名な「中国の工場?」の写真です。

危険な中国のED治療薬の製造工場

まったく手放しに安心はできませんが、少なくとも信頼のおける個人輸入代行サイトから購入すれば大丈夫です。

近年においても下剤や興奮剤が含まれて危険性が高いサプリメント等のニュースを見かけましたか。
一時期怪しい通販が増えた理由》
・海外では日本と異なる薬やサプリメント等の分類方法がある
・海外では問題なく流通している医薬成分が含まれた健康食品や漢方の類が個人輸入通販される
これらのように「違法薬物」として事件になるのは実は「サプリメント等」なのに「医薬成分」が含まれている。
海外では「グレーゾーン」の商品ですが、国内では違法薬物となる。
このような商品を海外から通販購入すれば、通常は問題はないかもしれませんが、 医薬成分の摂取許容量を超えたり、アレルギーをお持ちの方が服用すれば大変危険です。
ですが「タダシップ」のような海外ジェネリックは「医薬品」として販売しています。
医薬品の通販購入なので、服用方法、服用量を守っていれば問題はないでしょう。
海外でも医薬品の安全性の試験をしていますので、違法品とジェネリックの海外通販は異なるモノと知ってください。
医薬品を通販購入時の注意点
《日本と海外の基準の違い》
・日本ではシアリスは10mgと20mgが製造・販売が許可されている。
・海外では1日の許容量の基準が違う。
  *必ずしも偽造品や粗悪品というわけではない。
   例:バイアグラは日本では50mgまで許可されていますが海外では100mgまで許可されています。
・同成分でも使用目的が違う場合などがあり、その場合は1錠当たりの成分量が異なります。
 例:薄毛治療にフィナステリドが使われていますが、これは1MG/日が標準です。
同薄毛治療薬製品には「フィンカ―」という製品ですが、これは5MG/錠となっています。
フィナステリドには薄毛治療の他に「前立腺治療」にも使われており、その場合は5MG/日の服用量です。
*通販の場合は医師から服用方法の指示は無いので服用方法をしっかり確認してください。
  ・様々な医薬メーカからシアリスジェネリックを製造・販売しています。
    *日本メーカも「タダラフィル錠」として販売しているメーカもあります。


タダシップは大手製薬会社だから安心
タダシップの製造メーカはインドのシプラ社で医薬メーカのTOP3に入るほどの実績がある大手企業です。
医薬品ではないのに効果・効能を説明しているサプリ等には注意が必要でしょう。

インド人もビックリのED治療薬タダシップ
商品詳細は上記の三越屋から!


タダシップ以外にも様々な安価な海外通販可能なジェネリック薬品の取扱いをしております。

タイトルとURLをコピーしました